債権回収のトラブル

金銭を融資したり売り掛で物を売ったりしたとき、債務者(借り手)に「お金を返してください」と請求できる権利を債権と言います。債権はただ持っているだけでは意味がなく、実際に金銭を返してもらってはじめて意味があるわけですが、金銭の返還を受けることを「債権を回収する」と言います。

債務者が誠実で債権回収が円滑に進めば何ら問題はありませんが、トラブルが発生することも考えられます。なかなかお金を貸してくれず連絡してもあいまいな返事でごまかされてしまったり、請求そのものを無視されたり、債務者との連絡が途絶えてしまったりすれば回収は見込めません。また債務者に債務を履行する(きちんとお金を返す)気持ちはあっても、現実問題として支払いができないような状態に陥っている場合も考えられます。あるいは債権者(貸し手)がうっかり請求を忘れて一定期間が経過すると、債権自体が消滅しそれ以降の請求ができなくなることもあります。

このような事態に陥ると手元の契約書や念書もただの紙くずと化してしまい、債権者は泣き寝入りすることになってしまいます。そこで法律には債権者の権利を保護し、確実に債権を回収するための方法が規定されています。債権の回収に少しでも滞りがあったときには直ちに適切な手段を講じて、債権回収を確実なものにする必要があるのです。債権回収のためにどのような手段があるか、回収を実行する上で何に注意すべきかなどを具体的にご紹介します。